チェストベッドの特徴を理解してあなたにぴったりのベッドを探してみてください。

他社にない寝心地の良いマットレスを組み合わせれば快適なベッドライフが実現できます。

ベッドタイプ毎に人気のベッドを多数激安販売。サンドリーズが運営のベッド通販.com

営業日カレンダー
おすすめ商品
高さ調整もできるおしゃれベッドフェンネル
曲線を取り入れたモダンデザインに高さも調整できる機能的なすのこベッド。2台を隙間なく並べることもできます。
レザー仕様!デザインマルチソファーベッド【Blitz】ブリッツ
デザイナーズ家具と見間違える程のかっこいいソファベッド。おしゃれな飾り棚も付いています!
激安コーナーソファー
ボリュームタイプで人気のコーナーソファー。カバーリング仕様で汚れも気になりません。レザータイプとあわせて5色展開。通販での人気商品です。
壁面収納家具日本製の完成品
通販では珍しいする日本製で完成品の壁面収納家具。18タイプ、3カラーの中からセミオーダー家具のようにユニットが選べます。通常のチェストやテレビ台としても利用可能。
ベッド通販.comチェストベッドの特徴を理解しましょう

チェストベッド特集!大容量収納はお任せください。

お部屋に収納スペースがないから収納スペースを兼ねられるベッドが欲しい!たっぷり収納できる大容量収納ベッドが欲しい!そんな方の為に、このページでは「ベッド下に引き出しがいっぱい付いたチェストベッド」についてどの様に選べばよいか紹介していきたいと思います。一般的な2杯の引き出しが付いた収納ベッドと何が違うか、どのようなメリット・デメリットがあるの詳細を確認していきましょう!

◆チェストベッドの最大の魅力は収納力の高さにあります。他のベッドにない収納力の高さはお部屋をすっきり片付けるのに最適なベッドです。

チェストベッド特集イメージ

 

◆チェストベッドはマットレスを置く床面の高さが違います。

一言にチェストベッドといっても様々なメーカーの商品がある為、サイズ感はメーカーにより微妙に変わってきてしまいますがここでは代表的なサイズを元に収納ベッドとサイズ比較したいと思います。

◆床面の高さ
収納ベッドの床面は25cmから30cmとなっていますが、チェストベッドは床面の高さが40cm強と10cmから15cmほど高くなっています。床面が高くなるということはその分ベッド下のスペースが大きくなり収納力が高くなります。その為、空間を有効活用したいと考えている方に適したベッドとなっています。

一方、高さが高くなっただけ収納力は上がりますが、その高さが原因でお部屋にベッドの存在感を感じてしまうことになります。さらにマットレスを組み合わせるときに一般的なベッドと同じ厚みのマットレスを選ぶと全体の高さが高くなり、なおさら圧迫感を感じやすくなります。圧迫感を感じたくない方や圧迫感を軽減させたい場合は薄手のマットレスを選ぶのがポイントとなっています。

例えば一般的なベッドの床面の高さの平均値27cmに20cm厚のマットレスを組み合わせると寝床の高さは47cmとなります。一方チェストベッドの床面高さ40cmに10cmの薄型マットレスを組み合わせると寝床の高さは50cmとなり、一般的な収納ベッドとトータルの高さがそれ程変わらないことがわかるかと思います。このぐらいであれば日々の乗り降りも苦痛になるということはないかと思います。もちろんただ薄くするだけですと寝心地が悪くなるので薄くても機能性のあるマットレスを組み合わせるのがおすすめとなっております。

そこで当店がチェストベッドと一緒に使って欲しいと考えているおすすめ商品は高級ホテル仕様スリムポケットコイルです。スリムタイプのマットレスでありながらもゾーン機能を持たせたマットレスで沈みがちな腰部分をしっかりサポートします。通気性を良くするための3Dメッシュ加工に加え、エッジサポートでヘタリを軽減し長くお使いいただけるマットレスとなっております。

高級ホテル仕様スリムポケットコイル

体の大きな方や高さを気にされない方、寝心地を高めたいと考えている方は一般的な厚みのマットレスを組み合わせて使うのもありです。

 

◆チェストベッドも収納ベッドと同様にBOXタイプとそうでないタイプがあります。

チェストベッドの引き出し構造にはベッドフレームの桟に引っ掛けるだけの簡易的なタイプとタンスのような箱型になっているタイプ(BOX構造)の2タイプがあります。BOX構造にするとお値段は高くなってしまいますが、密閉力が上がり、埃が入りづらくなるうえ同じ大きさでも収納力がアップします。

また多くのBOX構造タイプのベッドは引き出し部分が完成品となっている為、ベッド自体の組み立てが簡単になります。逆にBOX構造でないベッドの多くは引き出しを組み立てる作業から行う必要がある為、一般的な収納ベッドと比べて引き出しの多いチェストベッドでは非常に手間がかかってしまいます。予算の問題もあるかと思いますが当店では収納力が高く組み立てが簡単なBOX構造のチェストベッドがおすすめとなっております。
※商品によってはBOX部分が3分割になっており入れ替えが可能となる代わりに連結の組み立て作業が発生する場合もあります。

小さめベッドの長さイメージ
画像をクリックすることで大きな画像でご確認いただけます。

 

◆チェストベッドは引き出しのタイプが複数あります。

通常の収納ベッドは同じ深さの引き出しが2杯付いているだけの商品がほとんどですが、多くのチェストベッドは浅型4杯、深型1杯の組合せとなっております。深さが異なる引き出しがあることにより収納したいものに合わせて使い分けができるので無駄なく、お持ちの物が収納できますのでとても便利です。なおこの引き出しのサイズも商品によりサイズが異なります。浅型引き出しがしまいたいものに比べて浅すぎる作りですと使いづらくなってしまいます。価格だけで決めるのではなく、自分がしまいたいと考えているものの高さを計測したうえで商品をお選びください。また引き出しの反対側には長物収納が付いており、大きなものを収納することも可能です。

 

◆チェストベッドを選ぶならやっぱり日本製。

チェストベッドは他のベッドと比べて作りが少し複雑になっています。作りが悪いと使っていくうえでストレスになってしまいます。日本製ベッドならしっかりした造りの商品が多い為そのような心配もありません。またすべての商品に言えるわけではありませんが日本製のチェストベッドは長物収納に敷板が付いているので収納物を埃から守ってくれます。安心して長く使いと思われている場合は日本製のチェストベッドがおすすめです。

 

◆チェストベッドのまとめ

ベッド通販.comのチェストベッド特集はいかがでしたか?チェストベッドを選ぶには各サイズをしっかり確認することが重要ということがわかりましたか?「床面の高さ」、「組み合わせるマットレスの厚み」、「引き出しの内寸」が特に重要です。ベッドは長く使っていくものなので多少価格が高くなっても希望の仕様を兼ね備えているチェストベッドを選ばれることをおすすめしております。

・チェストベッド一覧はこちら