ベッドサイズの選び方:自分に合ったベッドサイズがわからない方へお部屋設置イメージを合わせて紹介

各サイズの特徴を理解したうえで購入すれば通販でも失敗はしません。

ベッドタイプ毎に人気のベッドを多数激安販売。サンドリーズが運営のベッド通販.com

営業日カレンダー
おすすめ商品
高さ調整もできるおしゃれベッドフェンネル
曲線を取り入れたモダンデザインに高さも調整できる機能的なすのこベッド。2台を隙間なく並べることもできます。
レザー仕様!デザインマルチソファーベッド【Blitz】ブリッツ
デザイナーズ家具と見間違える程のかっこいいソファベッド。おしゃれな飾り棚も付いています!
激安コーナーソファー
ボリュームタイプで人気のコーナーソファー。カバーリング仕様で汚れも気になりません。レザータイプとあわせて5色展開。通販での人気商品です。
壁面収納家具日本製の完成品
通販では珍しいする日本製で完成品の壁面収納家具。18タイプ、3カラーの中からセミオーダー家具のようにユニットが選べます。通常のチェストやテレビ台としても利用可能。
ベッド通販.comベッドサイズの選び方

▼ベッドサイズの選び方

このページではベッドのサイズで悩まれている方を対象にベッドサイズの選び方について説明しています。

ベッドにはどんなサイズがあるかご存知ですか?一般的に知られている定番サイズのシングル、セミダブル、ダブルはもちろんのこと小型サイズのセミシングル、大型サイズのクイーンサイズ、キングサイズとベッドにはいろいろなサイズがあります。どのベッドサイズを選べば快適に過ごせるかわかりますか?もちろんお部屋の広さありきだとは思いますが、ベッド購入時はできるだけ自分が理想とするサイズのベッドが選べるといいですよね。このページでは一般的な大きさのお部屋6畳or8畳のお部屋にベッドを置いた時の雰囲気を確かめられるように図付きで解説しています。

ベッドサイズの選び方

ベッドサイズはみなさんどのように選んでいますか?「一人で寝る用=シングルベッド」「二人で寝る用=ダブルベッド」のように考えていませんか?それだけの情報をもとに購入すると実際に寝た時になんか狭い…イメージと違う…なんてことになってしまいます。人それぞれ体の大きさが違いますので、ベッドも人により適正サイズは異なります。どのぐらいのスペースがあると大の字で寝られるか、寝返りができるかなどを今ある布団などを使い実際に横になって確かめるのが一番です。その時に必要な幅を数字で確認できるとより確実です。

なお狭いと感じない目安はご自身の肩幅に左右それぞれ20cmを足した幅といわれています。個の幅が確保できれば寝返りもらくに行えるかと思います。
(目安ですので実際に布団なり床なりに横になって寝返りに必要なスペースをご確認ください。)

下記に一般的な8畳のサイズのお部屋、6畳サイズのお部屋に対して棚付きのベッドを置いた場合のイメージを掲載しています。通常のお部屋は柱の出っ張りがあったり窓があったりといろいろな制約があるかと思いますので、あくまでも検討の参考としてください。
※イメージ画像のベッドは棚の奥行は20cmの設定。床部分はマットレスと同じ大きさで長さ195cmの設定となっております。
(ステージタイプのベッドはマットレスサイズよりもフレームサイズが大きいこともあります。)
青い人の画像は男性で179cm肩幅60cmの設定で赤い人の画像は女性で160cm肩幅50cmの設定となっております。

■セミシングルベッド:<約 80-90cm×195cm>

セミシングルサイズは一人暮らしのワンルームや子供用ベッド・2台を並べて使うのに最適なサイズです。 セミシングル:設置イメージ

セミシングルサイズのベッドは商品により幅80cmの物と幅90cmの物がありますのでご注意ください。商品によっては80cmの物をスモールセミシングルと呼ぶこともあります。

省スペースで設置できるベッドな為、お部屋に対してのベッドの占める範囲は少なくなるというメリットはありますが、横幅が狭い為、人によっては寝返りがしづらくなるかもしれません。90cmタイプでは中央に寝た場合は横に15cm程度の幅しかありません。(80cmタイプでは5cmのみ)この幅で快適に寝られるかご確認ください。体の小さな方や華奢な女性の方におすすめのサイズです。

このサイズのベッドは一人暮らしなどで使う以外は2台を並べての使うのが主流となっています。 2台並べての使用イメージは幅80cmの場合はクイーンサイズ160cmサイズ。幅90cmの場合はキングサイズ幅180cmのサイズ感となります。

セミシングルサイズの選択肢のあるベッドを簡単に探せるようにセミシングルベッドはこちらにまとめています。

 

■シングルベッド:<約 100cm×195cm>

シングルサイズは最も一般的なサイズで。種類が多く好みのベッドが探しやすくなっています。 シングル:設置イメージ

日本の住居で最も一般的な6畳のお部屋にぴったりのサイズがこのシングルサイズベッド。お部屋の4分の1から3分の1を占めるサイズとなっています。

引き出し付きの場合は引き出すスペースも必要となるため、他の家具との配置はよく検討しなければいけません。引き出すスペースが確保できないけどベッドに収納をつけたい場合はガス圧式跳ね上げベッドをご検討ください。

マットレスの中心に横になった時、左右に20から25cm程度の余裕ができます。このサイズがベッドの基本的なサイズとなりますが、ゆったり眠りたい方や体の大きな方はセミダブルサイズがおすすめです。

2台置きをするのであれば8畳以上のお部屋でないと扉やクローゼットの開け閉めが厳しくなると思われます。

マットレスサイズは97cmの物が主流となっております。

 

■セミダブルベッド:<約 120cm×195cm>

セミダブルサイズはゆとりをもってお休みになられたい方におすすめのサイズです。 セミダブル:設置イメージ

シングルサイズよりちょっと大きくなったこのサイズは左右に30cmずつの空きスペースがあるため、寝返りは余裕をもってできます。

ちょっとお値段の高いビジネスホテルなどで快適に過ごせるのはベッドサイズがシングルではなくセミダブルが採用されているからです。

どこに行ってもストレスを感じるストレス社会で、寝室だけはリラックススペースにしたいと考えている方、寝室に贅沢を求める方、寝相が悪い方におすすめのサイズです。

シングルサイズ、ダブルサイズと共にセミダブルサイズは一般的なサイズとなっているため合わせて使う寝具も豊富に販売されているので困る心配はありません。せっかく広々したサイズにしたのであればマットレスの寝心地にもこだわっていただきたいですね。

高級ブランド:アスリープマットレスはこちら

 

■ダブルベッド:<約 120cm×195cm>

二人用ベッドといったらダブルベッドとベッド購入初心者が勘違いしやすい名前のサイズです。 ダブル:設置イメージ

ダブルベッドは二人用で寝ることができるベッドですが、二人で寝るには若干狭いと感じることが多いサイズです。画像を見てもらえればわかるかと思いますが、シングルベッドに一人で寝る時と比べて寝返りのスペースが狭く、一緒に寝ている方の動きが気になってしまうかと思います。

よほど体の小さな方達でない限りはダブルベッドで二人で寝るのはおすすめしません。一時的に寝るだけなら平気かもしれませんが日常使いにしてしまうと熟睡できずに疲れがたまってしまうなんてこともあります。どうしてもダブルサイズのベッドで二人で一緒に寝りたいという場合はせめてマットレスは隣の方の動きが伝わりづらいポケットコイルの物を選ばれるのをお勧めいたします。

海外のホテルなどではダブルベッドは一人用になっていて、それを部屋に二台入れてツインルームという形にしていますホテルのベッドの寝心地が良い、見た目が良い理由は意外とサイズが関係しているのではないでしょうか?、体の大きな方はダブルサイズを一人で使うのが贅沢な使い方となっていておすすめです。

またダブルサイズ以上限定ののラグジュアリーデザインのベッドなどもあります。

■クイーンベッド:<約 160cm×195cm>

クイーンサイズは二人でゆったり寝るためのベッドで新婚さんやカップルはもちろん親子でのご使用もおすすめです。 クイーン:設置イメージ

ゆとりとサイズのバランスが取れたサイズがこのクイーンベッドサイズ。二人で寝た場合、一人でシングルで寝るよりは空きスペースはまだ狭くなっていますが、15から20cmあれば許容範囲かと思います。

日本住居の標準的な大きさではクイーンサイズ以上の大きさのベッドを置くとお部屋がベッドだけのスペースになってしまう事も。

通販でクイーンサイズ以上のマットレスは2枚タイプの物が多くなっています。これは配送・搬入のしやすさからの利点があるからです。また隙間があることによってお互いの振動が伝わりにくいといったメリットもあります。それでもマットレスの隙間が気になるという方は厚めのベッドパットや後乗せピロートップなどをお使いいただければと思います。

また最近の流行りとして一つのフレームではなく2つのフレームを連結してクイーンサイズ以上のベッドというのもあります。将来的に分割して使用できるのがメリットです。

選択肢にクイーンサイズがあるベッドは少ない為、探しづらいという方はこちらでお探しください。
クイーンサイズ以上の大型ベッドをまとめて掲載しています。

 

■キングベッド:<約 180cm×195cm>

キングサイズはその大きさがお部屋の雰囲気を高めます。ホテルのスイートルームなどにも使用されているサイズです。 キング:設置イメージ

通販においてキングサイズのベッドの取り扱いはほとんど無く、実態は90cmタイプの連結商品となっています。これほど大きなものですと搬入できる部屋も少なく(搬入経路含む)需要があまりないといったところでしょうか?

クイーンサイズと同様にマットレス間の隙間が気になる方は厚めのベッドパットや後乗せピロートップなどをお使いいただければと思います。

クイーンサイズと同様にキングサイズも連結ベッドが主流となってきていますが、組み合わせが80cm+100cmなどイレギュラーな組み合わせの商品もありますので購入前によくご確認ください。

キングサイズ以上の大きなベッドを探したい方は下記URLからまとめて検索できるようになっています。2台がぴったり並ぶベッドや連結ベッドを掲載しています。
連結ベッドを探している方はこちら

 

   

■ベッドタイプの選び方はこちら

ベッドの選び方:メリット・デメリット

ベッドサイズの選び方がわかった方はベッドタイプ毎の特徴も理解してみませんか?ベッド通販.comでのベッドのカテゴリー分けは上記リンク先で解説しているベッドタイプ毎となっております。サイズに加えて各ベッドタイプ毎の特徴が理解できればより自分にぴったりのベッドの購入が可能となります。リンク先のページでそれぞれのベッドタイプ毎のメリット・デメリットを学習してみましょう。

■ヘッドボードの特徴・選び方はこちら

ヘッドボードの特徴・選び方

ベッドの見た目の印象を左右するヘッドボード。機能的なデザインを選ぶかシンプルなものを選ぶかでベッドライフが変わってきます。棚付きタイプ、パネルタイプ、ヘッドレスタイプ、それぞれの特徴を理解したうえでお好みのデザインのベッドを購入しましょう。それぞれの特徴がよくわからない場合は上記リンク先のページを確認後に購入をしてみてはいかがでしょうか?

ヘッドボードの特徴・選び方
サイズ毎にベッドを探したい方はサンドリーズでベッドをお探しください。

ベッド通販.comとは違った商品の掲載もしています。サイズ毎にページが作成されているのでサイズが確定している方はこちらもご確認ください。