収納ベッドの特徴をタイプ毎にメリット・デメリットマ交えて紹介。

一言に収納ベッドといっても色々なタイプがあります。

商品の特徴をよく理解して購入すれば通販での購入でも失敗はありません!サンドリーズが運営のベッド通販.com

営業日カレンダー
おすすめ商品
高さ調整もできるおしゃれベッドフェンネル
曲線を取り入れたモダンデザインに高さも調整できる機能的なすのこベッド。2台を隙間なく並べることもできます。
レザー仕様!デザインマルチソファーベッド【Blitz】ブリッツ
デザイナーズ家具と見間違える程のかっこいいソファベッド。おしゃれな飾り棚も付いています!
激安コーナーソファー
ボリュームタイプで人気のコーナーソファー。カバーリング仕様で汚れも気になりません。レザータイプとあわせて5色展開。通販での人気商品です。
壁面収納家具日本製の完成品
通販では珍しいする日本製で完成品の壁面収納家具。18タイプ、3カラーの中からセミオーダー家具のようにユニットが選べます。通常のチェストやテレビ台としても利用可能。
ベッド通販.com収納ベッドの特徴

収納ベッドの特徴:ベッドと収納が合体・スペース使いの達人

ベッドとタンスがビルトイン!ベッドの下を収納として活用する家具が「収納ベッド」です。ワンルームや1Kといった間取りのマンションでも、収納ベッドはスペースを有効に活用することができます。最近、多くの人が注目している収納ベッドの魅力と特徴をチェックしてみましょう。

収納ベッド:イメージ

 

・収納ベッドの定義

収納ベッドは、収納スペースが備えられたベッドです。ベッド下が収納スペースになっているため、一般的なベッドでは無駄になっている空間を有効に使うことができます。そのため、間取りの小さい賃貸アパートやマンションの部屋でも、たっぷりとした収納スペースを確保することが可能です。押し入れやクローゼットが不足していても、チェストを購入するのではなく、収納ベッドを通販で購入すれば、ベッドとクローゼット、それぞれ1台分の活躍をしてくれます。

 

・収納ベッドならではの特徴

収納ベッドは、独身でスペースの限られるワンルームマンション等にお住まいの方にはぴったりのアイデア家具です。ベッドと収納の二役を一台でこなす収納ベッドの特徴を見ていきましょう。

 

・スペース使いの達人

収納ベッドはスペースを利用する達人です。普通のベッドでは、ベッド下が多かれ少なかれ空洞になっているにもかかわらず、そのスペースは利用することのできないデッドスペースとなります。収納ベッドは、一般的なベッドでは無駄にしているスペースを、タンスやカラーボックスのように利用してしまおうというアイデア家具です。ベッドサイドにチェスト(引き出し)が設けられ、衣服などの収納に活用できるもの。また、マットレス直下がボックスになっていて、マットレス部分を開閉すると、スーツケースなど、かなり大きなものまで収納できるボックス型の収納ベッドもあります。

どちらのタイプにしても、収納ベッドは限られたスペースを上手に活用する、スペース使いの達人と呼ぶことができるでしょう。

 

一般的な収納ベッドについて

収納ベッドには、大きく分けて3つの種類があります。

 

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、ベッドのマットレス下が、大容量の収納空間になっている収納ベッドです。マットレス下にある床板にダンパーが設置されていて、自動車のトランクのように床板全体が開閉する構造になっています。ベッド下の広大なスペースを収納として使えるため、大きな物を収納するのに適しています。また、開閉に特に力は必要ありませんが、寝具をセットする必要があるため、頻繁に開け閉めするのは多少面倒です。そのため、そう頻繁には使わない物、季節物などの収納に適していると言えるでしょう。

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド:イメージ

 

大型収納ベッド(チェストベッド)

チェスト付きの大型収納ベッドは、まさしくベッドとタンスが合体したような収納家具です。引き出し付き収納ベッドより収納スペースが深く、二段構造の引き出しもあります。高さがあるため、引き出し付きよりも大きな物を収納できるほか、チェストの逆サイドには、通常の引き出しには収まりきらない大きな物や長い物を収納することができるスペースが付いています。大型収納ベッドは、組み立てが大変なので有料の組立設置サービスを利用するか、引き出し部分が完成した商品を購入するのがおすすめです。

また大型収納ベッドは、一般的な引き出し付きベッドよりも高さがあるため、その分、多くのアイテムを収納できますが、人によっては寝床の高さに違和感を持つ方もいます。また、狭い部屋に設置すると、その高さからくる存在感を感じるという方も少なくないようです。

大型収納ベッド:イメージ

 

引き出し付き収納ベッド

引き出し付き収納ベッドは、ベッド下部の数カ所に引き出しが備えられたベッドです。引き出し付きの収納ベッドの場合、それほど収容能力が高いわけではありませんが、日常的によく使うグッズを入れておくのにぴったりのスペースです。引き出しはベッドの左右どちらかに付いていますが、ベッドの置き方により、左右どちらでも使えるようになっています。引き出し付き収納ベッドは、引き出し開閉用にスペースをとる必要があることが弱点です。棚などを置いてしまうと物の出し入れができなくなってしまいます。もうひとつの弱点は、ゴミやほこりがベッドの下側に入り込みやすいこと。これは引き出しが付いている反対側のサイドが開いてしまうという構造的な弱点です。レールやキャスター付きでボックス型の引き出しがついた収納ベッドもありますので、このようなタイプを選べば、ベッド下へのゴミやほこりの侵入が少なくなるでしょう。

収納ベッド:イメージ

スーツケースなどの大きい物を収容するなら、ガス圧跳ね上げ式収納ベッドが理想的です。収納ベッドの中では高価格帯の製品になりますが、押し入れやクローゼット代わりに使うのであれば、ガス圧跳ね上げ式がもっともおすすめとなるでしょう。

ベッドの下の空間を有効に使う。収納ベッドは、このような考えを実際に形にした製品です。通販でも非常に安い価格から選べる引き出し付き収納ベッドは、いつでも手軽に開け閉めできるため、日常的に使う物の収納に適しています。大型収納ベッドは気軽に開け閉めができて収納力を求める方におすすめですが、値段は少々上がります。

 

収納ベッド・収納空間付きベッドのメリット・デメリット

ベッド下に収納スペースを持つ収納ベッド。大容量スペースを備えた「ガス圧跳ね上げ式収納ベッド」や「大型収納ベッド」のほか、価格の安い「引き出し付き収納ベッド」があります。しかし、これらの収納ベッドにはメリットのほかにデメリットもありますので、よく考えてから購入する必要があります。

 

【ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの場合】

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド:メリット・デメリットイメージ

◆メリット

  • 開閉かんたん
    ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、開閉用のガス圧式ダンパーがついているので、女性でも安心。力は必要ありません。
  • 引き出し用のスペースいらず
    引き出し式や大型収納ベッドは、引き出しを引き出す際のスペースを考えて設置する必要がありますが、ガス圧跳ね上げ式の場合は、そのスペースを考える必要がありません。
  • キャパが大きい
    ベッドの下スペース全体が収納スペースになるため、収容量が大きいというメリットがあります。

◆デメリット

  • 小さい物は収容しにくい
    広大なスペースを持つガス圧跳ね上げ式収納ベッドですが、小分けされたスペースはありません。そのため、小さい物の収納には向きません。(ご自身で収納を区分けするグッズを入れれればデメリットではなくなります。)

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、開け閉めは簡単ですが、ベッドという性格上、通常はシーツや枕、掛け布団などが置かれているはずです。そのため、大型の旅行用スーツケースや季節物の服など、一定期間使用しないアイテムを収納するといいでしょう。

 

【大型収納ベッドの場合】

大型収納ベッド:メリット・デメリットイメージ

◆メリット

  • キャパシティーが大きい
    大型収納ベッドの多くは二段式のタンスがベッドに組み込まれたような構造になっています。そのため、衣類やタオル類、バッグなどを整理整頓、保管するのに十分な大きさを持っています。また高さがあるため、通常の引き出し付き収納ベッドには入らない、高さのある物を収納することも可能です。さまざまな物を分類して収納できるという点では、大型収納ベッドがもっとも優れていると言えます。
  • 丈夫なフレーム構造
    大型収納ベッドは、二段の引き出しを備えているため、その引き出しを支えるためのフレーム構造になっています。このフレームがベッド全体の構造を丈夫にします。
  • 長い物でも収納可能
    大型収納ベッドは、フレームが強固に組まれているので、棚と反対側のスペースに間仕切りがありません。このため、長いものでも収納可能です。
  • ゴミやほこりが侵入しにくい
    多くの大型収納ベッドは、棚の反対側のサイドにもカバーが付いています(BOX構造のみ)。そのためゴミやほこりが侵入しにくい構造になっています。

◆デメリット

  • 通常のベッドよりも背が高い
    大型収納ベッドは、棚が深いもしくは二段あるため、必然的に高さが高くなります。そのため、部屋に設置すると、実際の大きさよりも、強い存在感を発する。そんな風に感じる方もいるようです。眠りにつくときに、少し天井の近さを感じる方もいます。ただ、「収納」があってこその収納ベッド。収納キャパシティーを増やすために高さがあるわけですから、デメリットというほどのことではないのかもしれません。
  • 価格が少し高くなる
    大型収納ベッドは、引き出しの数も、収容能力も、引き出し付き収納ベッドに勝ります。当然、通販や量販店での販売価格は、大型収納ベッドの方が高くなります。
  • 湿気がこもりやすい構造
    大型収納ベッドは、丈夫でゴミやほこりが入りにくい…これは空気がよどみやすく、湿気がたまりやすい構造だと言えます。そのため、除湿剤などを利用したカビ対策が必要になります。

 

【引き出し付き収納ベッドの場合】

収納ベッド:メリット・デメリットイメージ

◆メリット

  • シンプルで使いやすい
    引き出し付き収納ベッドには、大がかりな仕掛けはないので、タオルなどベッドまわりで使う物、また、普段から使うことの多い小物の収納に適しています。
  • 価格が安い
    引き出し付き収納ベッドは、収納ベッドの中でも作りがシンプルなため、通販でもリーズナブルな価格で販売されています。

◆デメリット

  • 引き出しが可動する場所が必要
    引き出し付き収納ベッドの引き出しは、左右どちらかのサイドにありますが、この引き出しの開閉にはある程度のスペースをとる必要があります。他の家具との位置関係に注意してベッドを置く必要があるので覚えておきましょう。
  • 他のタイプより劣る収容能力
    引き出し付き収納ベッドは、シンプルな引き出ししか付いていないので、他のタイプの収納ベッドより収容キャパシティーは大きくありません。それでも引き出しスペース以外に反対のサイドを使えますので、十分な収容能力は備えています。
  • ゴミやほこりがたまりやすい
    引き出し付き収納ベッドは、引き出しスペースの逆側も収納スペースとして使えますが、こちらのサイドは通常、開けっぱなしになってしまうため、ゴミやほこりが入り込みやすいという欠点があります。

それぞれのタイプ毎に長所と短所があります。収納ベッドを購入する際は、必ずそれらを考慮して、部屋のスペースを有効に使いましょう。