ベッドの選び方:メリット・デメリットをわかりやすく説明

各タイプの特徴を理解したうえで購入すれば通販でも失敗はしません。

ベッドタイプ毎に人気のベッドを多数激安販売。サンドリーズが運営のベッド通販.com

営業日カレンダー
おすすめ商品
高さ調整もできるおしゃれベッドフェンネル
曲線を取り入れたモダンデザインに高さも調整できる機能的なすのこベッド。2台を隙間なく並べることもできます。
レザー仕様!デザインマルチソファーベッド【Blitz】ブリッツ
デザイナーズ家具と見間違える程のかっこいいソファベッド。おしゃれな飾り棚も付いています!
激安コーナーソファー
ボリュームタイプで人気のコーナーソファー。カバーリング仕様で汚れも気になりません。レザータイプとあわせて5色展開。通販での人気商品です。
壁面収納家具日本製の完成品
通販では珍しいする日本製で完成品の壁面収納家具。18タイプ、3カラーの中からセミオーダー家具のようにユニットが選べます。通常のチェストやテレビ台としても利用可能。
ベッド通販.comベッドの選び方:ベッドタイプ毎にメリットとデメリットを説明

▼ベッドの選び方

このページは以下の方を対象に各ベッドタイプ毎のメリット・デメリットをまとめています。

  • ベッドを通販で安くお得に購入したいけど、どのベッドを選んでよいかわからない!
  • どのベッドが自分に合っているんだろう?
  • おすすめのベッドタイプを教えてほしい!

どのベッドにもメリット・デメリットがあります。
お部屋の環境やベッドにどんな役割を求めるかによっても、おすすめのベッドは変わります。
「良いなと思って買ったけど失敗だった。」そんなことにならないように、このページで、ベッドの特徴を理解しましょう!

■ベッドタイプ診断

質問に答えるだけであなたに合ったベッドタイプを簡単に見つけられる仕組みを導入しました。

全タイプのメリット・デメリットなんていちいち読んでられない!なんて方はベッド診断をお試しください。

おすすめフロアベッド【Shelly】シェリー
簡単ベッド診断

おすすめフロアベッド【Shelly】シェリー

おすすめフロアベッド

おすすめフロアベッド
おすすめフロアベッド
おすすめフロアベッド

■メリット
フロアベッドのメリットとしてはベッド高が低い点にあります。
同じサイズのベッドを置いた場合でもベッド全体の高さが低くなり上方に空間が開くためお部屋に開放感を与えてくれます。また 寝床が低い為、ベッドから落ちても怪我をすることはほぼ無いかと思います。
フロアベッドは使われている部材が必然的に少なくなり、値段も安くなります。その為、予算が少ない方でもおしゃれなベッドの購入が可能です。更にベッドフレームのコストを削減できた事によりマットレスに余った予算をまわすことができ、安く快適なベッドを手に入れる事ができます。

■デメリット
寝床の高さが低い分、床に近いのでお布団を直接敷いてるのとあまり変わらない為、お布団に埃などが付いてしまうこともあります。
ベッド設置スペースが寝る事にしか使えないため、他に収納スペースが必要になります。高さが無い為、お部屋に重厚感を求めたい方には不向きです。

■選び方
フロアベッドはシンプルな作りなので、ヘッドボードのデザインでベッドの印象が変わります。機能(コンセントや照明が付いているか)が自分の求めているものにあっているかお部屋の雰囲気にあっているかがポイントです。湿気を気にされる方は床板がすのこタイプのものをお選びください。

■フロアベッドはこんな方におすすめ
・安くてかっこいいベッドを購入したい方。
・ベッドから落ちる心配がある方。特にお子様にはおすすめです。
・ベッドに収納スペースが不要な方。

フロアベッドの購入はこちら

おすすめローベッド【E-go】イーゴ

おすすめローベッド

おすすめローベッド
おすすめローベッド
おすすめローベッド

おすすめ脚付きベッド

おすすめ脚付きベッド
おすすめ脚付きベッド
おすすめ脚付きベッド

■メリット
ローベッドのメリットはフロアベッドと同様にベッド高が低くお部屋に開放感を感じられるのがメリットです。フロアベッドのデメリットであるベッド高の低さが安っぽく見える点が解消されています。
またローベッドは殆どの商品がすのこ仕様になっているのでフロアベッドと違い通気性もよく結露対策もバッチリです。ステージデザインタイプでお部屋に優雅さを与えてくれる商品もあります。高級ベッドはこのタイプが多いのが特徴で、厚みのある(寝心地の良い)マットレスと相性が良いのも特徴です。

■デメリット
商品によってはベッド下にわずかに隙間はあるものの、基本的にベッド下は収納スペースとして利用できません。
フロアベッドと比較すると部材が増える分、若干価格が高くなっています。

■選び方
フロアベッドと同様にヘッドボードのデザイン・機能がベッド選びのポイントです。
またベッド下を有効に活用されたい方はベッド下のスペースをご確認の上、お選びください。
ロボット掃除機が通る隙間があるタイプであればベッド下も清潔に保てます。

また現在脚付きベッドカテゴリー商品との違いは脚の長さで区別をしていますので、ローベッドをご検討の際は合わせて脚付きベッドカテゴリーもご覧いただければと思います。

■ローベッド・脚付きベッドはこんな方におすすめ
・すっきりとした印象のベッドが欲しい方。
・ブランドマットレスなど厚みのあるマットレスをベッドに合わせたい方。
・お部屋に広がりと高級感を与えたい方。

ローベッドの購入はこちら

脚付きベッドの購入はこちら

おすすめ収納ベッド【General】ジェネラル

おすすめ収納ベッド

おすすめ収納ベッド
おすすめ収納ベッド
おすすめ収納ベッド

おすすめBOX型ベッド

おすすめBOX型収納ベッド
おすすめBOX型収納ベッド
おすすめBOX型収納ベッド

■メリット
ベッド下を収納スペースとして使用できるので空間を有効活用でき、お部屋がスッキリ片付くのがメリットです。また家庭用ベッドとして最も普及している定番の形なのでデザインが豊富で好みの商品を見つけやすくなっています。
デザイン、カラー機能違いで価格帯も幅広くなっているので、予算や好みにあわせて選べるのが特徴です。殆どのベッドが引き出しは左右付け替えが可能なのでお部屋のレイアウトを選びません。

■デメリット
収納スペースがある分ベッド高が高くなってしまうので、設置するお部屋や使われるマットレスによってはお部屋に圧迫感を感じることがあります。また引き出しが付く分お値段も上がってしまいます。

■選び方
収納ベッドはヘッドボード以外に収納スペースの造りを良く確認する必要があります。大きく分けると引き出し部分がBOX構造の商品(価格高め)とそうで無い商品(価格安め)で分類されます。
BOX構造の商品はベッドフレームと引き出し部分が一体化していることもあり、収納力が高く、埃が入りにくいのが特徴です。またスライドレール付きで引き出しの反対側のスペースもフレームが付いている場合が殆どです。さらにBOX部分は完成されているので組立も簡単です。
一方BOX構造でない商品は価格が安いメリットはありますが、引き出しの反対側が空洞になっていて壁に付けて使用する前提となっています。その空洞もご自身で収納BOXなどを置いて空間を有効活用する手もありますが、お部屋の中心にベッドを置く場合はBOX収納タイプのベッドをおすすめします。

■収納ベッドはこんな方におすすめ
・お部屋に収納スペースが不足している方。
・空間を有効に活用したいと考えている方。
・将来的に収納スペースに必要になりそうな方。

収納ベッドの購入はこちら

BOX型収納ベッドの購入はこちら

おすすめチェストベッド【Steady】ステディ

おすすめチェストベッド

おすすめチェストベッド
おすすめチェストベッド
おすすめチェストベッド

■メリット
収納ベッド以上の収納力が魅力です。お部屋に他の家具を設置するのが不要になるぐらいの収納力が最大のメリットとなります。また引き出しタイプが浅型・深型など、それぞれ複数用意されているので収納するものを分けて収納できるもの利点となります。引き出し反対側は大物収納として使うことができます。

■デメリット
ベッド下に大容量収納があるため床板が高くなってしまうので、ベッドの圧迫感を感じやすくなってしまいます。お部屋のスペースが狭いとより圧迫感を案じやすくなります。
また 寝心地の良いマットレスはある程度の厚みがありますが、そのタイプのマットレスを組み合わせると棚にマットレスが被ったりすることもありますし、ベッドにあがるのも大変になってしまいます。その為、薄めのマットレスを選ばざるをえなくなります。

■選び方
チェストタイプは収納ベッドと同様に収納部分がBOXタイプ商品かどうかがポイントです。当店のおすすめとしてはやはりチェストベッドは沢山の引き出しがある為、引き出し部分の構造がBOXタイプ(完成品)の商品がおすすめとなっています。組み立ての手間もかなり変わります。

■チェストベッドはこんな方におすすめ
・ベッドにタンス並みのたっぷりの収納力を持たせたい方。
・お部屋にベッド以外の家具を置かずにお部屋をすっきりさせたい方。
・大きい物から小さい物まで細かく収納スペースを分類したい方。

チェストベッドの購入はこちら

おすすめガス圧式跳ね上げ収納ベッド【clory】クローリー

おすすめガス圧式跳ね上げ収納ベッド

おすすめガス圧式収納ベッド
おすすめガス圧式収納ベッド
おすすめガス圧式収納ベッド

■メリット
ガス圧式跳ね上げベッドの最大のメリットはベッド下全てを収納スペースとして利用できる点です。ガス圧式タイプなので力のない方や女性でも簡単に開け閉めができる点も特長になっています。
また引き出しタイプは引き出しを引き出すスペースやを確保しなければいけませんが、跳ね上げベッドはベッドのスペース以上に場所を必要としないのも特徴です。

■デメリット
ベッドを跳ね上げる為の部品が高価な為、他のベッドより価格が高くなっているのがデメリットとなります。
またチェストベッドのように収納スペースが区切られていないので小物を収納する場合はご自身でスペースを区切る必要があります。
販売しているベッドの殆どがセットで用意されているマットレス以外使えない(販売できない)点にデメリットになります。
また 跳ね上げ部分の金具の設置など他のベッドよりも組立が複雑になっている点がデメリットとなります。

■選び方
デメリットにあるように組立が複雑になっているので、組み立てに自信がある方以外は組立設置サービスが付いた商品を選ぶことをおすすめします。
ベッドにより跳ね上げ方向(開く方向)が異なりますのでお部屋のレイアウトを良く確認の上、お選びください。

■ガス圧式跳ね上げベッドはこんな方におすすめ
・ベッドの設置スペースを有効活用したい方。
・旅行バッグや季節ものなど大きなものを頻繁に出し入れする方。

ガス圧式跳ね上げベッドの購入はこちら

おすすめ脚付きマットレスベッド

■メリット
マットレスとベッドフレームが一体化している為、見た目がすっきりシンプルデザインになっています。その為、お部屋にベッドの存在感・圧迫感を出さずに設置できるのが脚付きマットレスベッドの特徴です。
またサイズ展開も多くなっているので様々なお部屋に設置が可能になっています。小さいサイズは一人暮らしやお子様のお部屋に。2台購入で夫婦やカップル、親子ベッドとしても利用可能です。
マットレスとベッドフレームが一体化しているのでベッドトータルのコストで見ると同レベルの寝心地を求める場合、比較的低価格で購入することが可能です。

■デメリット
シンプルゆえに、殆どの商品がヘッドレスタイプとなっていて小物置などの収納スペースが無い点がデメリットになります。
またマットレスが一体型となっているので、マットレスがヘタってしまった場合は一式買い替えとなります。

■選び方
マットレス一体型ベッドはマットレスの仕様に寝心地が左右されますので、通常のマットレスと同様に購入時は仕様をよくご確認の上お選びください。
購入後の寝心地調整は当店で販売している後乗せピロートップを使えば多少の調整は可能です。小物をベッド周りに置きたいと考えている方は別途サイドチェストなどを合わせてご購入して頂ければと思います。
また脚の長さを選べる商品が多いのでベッド下を収納スペースとして活用したい場合は脚が長いタイプを、お部屋に圧迫感を出したくない場合は脚が短いタイプをお選びください。

■脚付きマットレスベッドはこんな方におすすめ
・シンプルなお部屋作りをしたい方。
・少ない予算でより良い寝心地を求める方。

脚付きマットレスベッドの購入はこちら

おすすめロフトベッド【Strain】ストレイン

■メリット
ロフトベッドはお部屋の空間を上手に使えるのが最大のメリットです。
ベッド下の空間にソファーやデスクを置いたりすることによりお部屋に他の家具を置くスペースを確保できます。

■デメリット
マットレスタイプのベッドと比べるとマットレスが簡易の物が多いので寝心地の面では劣ってしまいます。
また就寝時の天井が近くなるため、人によっては圧迫感を感じることがあります。ベッド自体の存在感も出てしまいます。

■選び方
ロフト部分に上がるのにはしごタイプが階段タイプがお選び頂けます。
階段タイプは落下する危険も少ないため、安心してお使いいただける一方、スペースが余分に必要になります。
梯子タイプは昇り降りが大変ですが空間を無駄なくお使い頂けます。どちらのタイプが好みに合っているかご検討のお選びください。
また寝心地をアップさせるために厚みのあるマットレスやお布団をお使いいただくことをおすすめします。

■ロフトベッドはこんな方におすすめ
・ベッドとデスク・ソファなどをスペースの関係で別々には設置できない方。
・空間を最大限に有効活用したい方。

ロフトベッドの購入はこちら

おすすめ姫系ベッド

■メリット
姫系ベッドはベッドフレームに女性が憧れる姫系のデザインが施されているのでお姫様気分を味わえます。

■デメリット
デザイン的に棚や収納スペースをつけるのが難しいため、機能が不足しがち。
どちらかというと若い世代に人気のデザインが多い為、長い年月にわたって使い続けるのが難しいです。取り扱い数も少なく好みに合う商品が見つけづらい点もあります。

■選び方
姫系ベッドは何よりもデザイン重視!
ご希望のプリンセススタイルに合うベッドをお選びください。

■姫系ベッドはこんな方におすすめ
・お部屋に女性らしさを加えたい方。
・お姫様気分を味わいたい方。

姫系ベッドの購入はこちら

おすすめ折りたたみベッド【Tars】タルス

■メリット
折りたたみベッドは使うときにだけ、収納してある場所から持ってきて使うといった使い方になるのでベッドにお部屋のスペースをとられることはありません。マットレス部分は他のベッドに比べて 簡単な造りのため、価格が安いのも特徴です。来客時のエクストラベッドやオフィスでの簡易ベッドととしての使い方ができます。

■デメリット
基本的に簡易ベッドの為、寝心地は通常のマットレスタイプのベッドと比べると劣ります。

■選び方
どのように折りたたみができるかで収納に必要なスペースが変わりますので良くご確認をお願いいたします。リクライニング機能や電動タイプ付きなど他のベッドには無い機能が付いたベッドがありますので用途に合わせてお選びください。

■折りたたみベッドはこんな方におすすめ
・オフィスや寮でエキストラベッドを必要とされている方。

折りたたみベッドの購入はこちら

おすすめ畳ベッド

■メリット
今まで畳に布団で寝ていた方は同様の寝心地をお楽しみ頂けます。
床に布団を敷いていた時と比べると布団の上げ下げが不要になります。
床面がちょうど良い高さになりますので、お年寄りの方など寝起きが大変だった方は寝起きが楽になります。

■デメリット
基本的に畳に直接お布団を敷いて寝るのと寝心地は変わりません。寝心地はお布団の良さに左右されます。

■選び方
寝心地は基本的に変わりませんがベッドフレームに機能が付いていますので、引き出し・棚・照明など、どの機能が必要かご検討の上、お選びください。

■畳ベッドはこんな方におすすめ
・今まで使っていたお布団をそのままご利用したい方。
・い草の香りが好きな方。

畳ベッドの購入はこちら

おすすめソファーベッド【Cleobury】クレバリー

おすすめソファベッド

おすすめソファベッド
おすすめソファベッド
おすすめソファベッド

■メリット
1台2役:昼間はソファ、夜はベッドとして使えるのでベッドとソファの2種類を置くスペースがない場合などに活躍します。
一人暮らしの方などに人気の商品です。お友達が良く遊びに来る方は普段はソファとして使い(ベッドは別に購入し)、お友達が泊まるときはベッドとして使うといったこともできます。

■デメリット
ベッドと比べると寝心地が落ちるのが欠点です。
また日中ソファとして使う場合は布団の上げ下げが必要になります。

■選び方
ソファベッドはソファからベッドへの変形方法が大きく分けると座面を引き出すタイプと背もたれを倒すタイプの2タイプあります。
ベッドに変形時に必要なスペースがそれぞれ異なりますので、お部屋の配置をご検討のうえお選びください。

■ソファベッドベッドはこんな方におすすめ
・お友達やお知り合いの方が良く泊まりに来られる方。
・一人暮らしなどでソファとベッドの両方を設置することができない方。

ソファベッドの購入はこちら

 

■ヘッドサイズの選び方はこちら

ベッドサイズの選び方

どのベッドサイズがあっているかわからない方、今のベッドサイズがあっているか自信のない方は
こちらで各サイズお部屋にベッド置いた時の空きスペース・一人で寝た時、二人で寝た時の寝返りのスペースをご確認ください。

■ヘッドボードの特徴・選び方はこちら

ヘッドボードの特徴・選び方

ベッドの印象を左右するヘッドボード。機能的なデザインを選ぶかシンプルなものを選ぶかでベッドライフが変わってきます。
それぞれの特徴を理解したうえでお好みのタイプをお選びください。それぞれの特徴がまだよくわからない場合はこちらのページをご確認後に購入をしてみてはいかがですか?

ヘッドボードの特徴・選び方
サイズ毎にベッドを探したい方はサンドリーズでベッドをお探しください。

ベッド通販.comとは違った商品の掲載もしています。サイズ毎にページが作成されているのでサイズが確定している方はこちらもご確認ください。